事故情報が残ってしまうことについて

おまとめローンの利用よりも先に過払い金を取り戻した方が、利息負担を減らせるメリットはありますが、逆にデメリットとなることもあります。
借金の完済前に過払い請求を行うと、債務整理の任意整理に該当しますので、信用情報に事故情報が記録されてしまいます。もし過払い請求を行った結果、債務が全て完済出来れば任意整理には該当しませんので、事故情報が残る心配がありませんが、残債が残ってしまいますと債務整理を行ったことになってしまいます。
もし事故情報を残したくなければ、おまとめローンを利用して月々の返済負担を軽減させて、ある程度債務を減らせた段階で、過払い金返還請求手続きを行うことが必要です。

瀬戸信用金庫のローンのメリット

瀬戸信用金庫、せとしんのカードローンも総量規制の対象外で、どちらかというと銀行のローンに近いものとなっています。そのため審査の基準も消して低くはありません。ただ多くのカードローンが専業主婦に貸出をしていないのですが、せとしんでは専業主婦も審査の対象となっています。せとしんには2種類のカードローンがあります。べんりーとセトカという商品です。べんりーの保証会社はプロミスとなっていますが、一般的に消費者金融が保証会社になっているローンは、銀行や信用金庫のものであっても審査に通りやすい傾向があります。もちろん過去に金融事故を起してしまっているような場合は通過は難しいでしょう。もしそのような履歴が心配な場合は、信用情報を確認してから申込をしてみるのも良いです。

アイフルに申し込んだが落とされた原因

キャッシングは限度額以内なら何度でも借入ができるので便利ですが、ついつい調子にのってしまうと返済がとても大変になります。
僕も以前どうしてもお金が必要だったので、消費者金融からキャッシングしていたんですが、限度額いっぱいになるまで借入をしてしまい、気がつくと返済が追い付かなくなり他社からも借入をしてしまいました。
アイフルに申し込もうと思ったのは、審査の承認率が高いと評判が良かったので、アイフルなら大丈夫だと思い申し込みました。
他社からの借入件数も正直に申告しないと、信用情報機関で調べられて嘘の申告をしていると思われるので、正直に申告をしました。
誤字脱字もあると嘘の申告をしていると思われるので、何度も確認してから提出しました、
今までに返済の遅延などはなかったので大丈夫だと思ったんですが、結果は審査に通ることができませんでした。
落とされた原因をいろいろ考えたんですが、やはり他社からの借入件数が多いことが原因みたいです。
アイフルの借り入れ件数と審査の承認率は反比例だということにようやく気付きました。
審査に落ちるとしばらくは信用情報機関に申し込み履歴が残るのでしばらくは申し込めませんが、それまでに他社からの借りれを頑張って返済します。